<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

海外のホームページを見てみよう(2)

英国環境・食料・農村地域省

英国の環境省は、わが国の環境省と農水省を統合した方式の官庁で、英国環境・食料・農村地域省(Department for Environment Food and Rural Affairs)と呼ばれ、Defraの略称で知られています。
Defraのホームページは、他の国の環境官庁のホームページに比べてかなり読みやすく要点を的確に伝えている感じがします。

a0120033_21171922.jpg


トップページには、6個の見出しタブ(ホーム、環境、食品・農業、農村・都市郊外、野生生物・ペット)があります。まず最初に「Defraは英国政府の機関であり、環境、食料および農村に係る政策と行政に責任を持っている」ことを宣言しています。

トップページの掲載内容:
(1)重点項目:
○グリーン・エコノミーとグリーン・ビジネス、○イングランド・アップランド地域の持続性の支援、○水資源白書「水資源の将来展望」

(2)Defraからの情報源:
○ツイッター、○フリッカー、○ユーチューブ、○相談、○その他

(3)人気のあるページ:
○あなたからの質問、○ウシ結核、○ペット同伴の旅行、○林業、○動物の病気と健康、○廃棄物の再検討

(4)ニュースの見出し:
11/24 将来に向けた洪水管理、
11/19:ひつじのICタグに関する会議の支援、
11/19:Defraは出版に25,000ポンド以上費やす、
11/19:論説「コーウォール地方の洪水」キャロライン・スペルマン、
11/18:地方の洪水救助隊の新設

このトップページからDefraが重点的に対策を検討している事項として、食料・農業、動物の管理、洪水などの自然災害、水資源であることが推察されます。さらに環境と食料・農業を一体として統合的に扱っているのが特徴ですね。英国らしいのは野生動物も家畜も、そしてペットも同じレベルで扱っていることでしょうか。
[PR]
by wister-tk | 2010-11-25 21:34 | 環境学習など